どんなパーティドレスを選べば良いのか

パーティドレスを着るシーンとはどんな時でしょう。結婚式や二次会、クラシックコンサート、記念パーティー、ホテルで開催されるクリスマスパーティなんかもあります。それらの種類は様々です。しかし出席する際、パーティドレスを選ぶルールがすべてに共通するわけではありません。格式の高い正装であるドレスを選ぶ必要のあるものから自由に個性を楽しめるカジュアルなものまで多岐にわたります。場所によっては厳しく指定される場合もあります。招待状に明記されている場合もありますし、利用するホテルや店舗のサイトに記載されている場合もあります。招待を受けて恥ずかしい思いをすることのないよう、ある程度のルールを知ったうえでドレスを選びましょう。そしてパーティドレスを敬遠することなく、楽しんで着る機会を増やしましょう。

結婚式や披露宴でのパーティドレスの選び方

私たちが招待されるパーティーで出席頻度の高いものの一つが結婚式や披露宴でしょう。その場合に特に気を付けた方が良い点を挙げてみましょう。まずは色柄です。白は花嫁の着るウェディングドレスの色なので避けた方が良いことは周知の事実です。オフホワイトなども写真撮影すると白っぽく見えてしまうので選ばない方が良いです。逆に全身黒ずくめというのも避けた方がよいでしょう。ドレスが黒の場合はさし色として違う色のショールやボレロを着用してアクセサリーで賑やかにして工夫しましょう。アニマル柄などは殺生をイメージしてしまうためNGです。パーティドレスは肌の露出が多いものもありますが、その場合も羽織物を使い露出を控えましょう。その際、やはり殺生をイメージしてしまうという理由で、毛皮やファーは避けましょう。

ドレスコードとパーティーに合ったパ-ティードレスの選び方

格式の高いホテルやレストランなどでは服装の格を指定するドレスコードがある場合があります。最も格式の高い正装にあたるドレスはアフタヌーンドレスとイブニングドレスと呼ばれるものです。特に指定のない場合はドレッシーなワンピースとボレロなど身だしなみがきちんとしていれば問題ありません。仕事関係のパーティーで、もてなす側の場合は華美にならないものを選びましょう。レストランのオープン記念パーティーやホテルで夜に開かれるパーティーに招待された場合、カクテルドレスなどをチョイスするのもおすすめです。披露宴なども、夜に行われる場合は肌の露出が多くても問題ありません。卒業パーティーや謝恩会がホテルやレストランなどで催されるならば、セミフォーマルなパーティドレスで参加するとよいでしょう。基本的なルールを守ったら、あとは自分の好みや年齢を考慮し楽しくパーティドレスを選びましょう。