おすすめのパーティドレスの選びかた

パーティドレスを選ぶ際、最初に気をつけなければならないのはドレスコードです。たとえば結婚式であれば親族として出席する場合、友人として出席する場合、披露宴には出席せず二次会だけ出る場合、それぞれふさわしい服装というものがあります。また、招待状に「平服で」と書かれていたからと普段着で出席してひんしゅくを買う、というのも使い古されるほどよく聞く冗談です。とりあえず、正礼装(フォーマル)・準礼装(セミフォーマル)・略礼装(インフォーマル)・スマートカジュアルの各コードとそれに対応したパーティドレスを意識できたほうがよいでしょう。とは言っても、フォーマルが適用されるのは結婚式では新郎新婦自身やその両親ぐらいですから、セミフォーマル以下の装いができれば日本でのパーティシーンには充分ではないと思います。

パーティシーンに合ったパーティドレスの選び方

先ほども述べましたが、まずドレスコードに合ったパーティドレスを選ぶ必要があります。日本で一番ドレスが必要とされるシーンは結婚式になります。披露宴に友人として招待された場合を想定しましょう。この場合のドレスコードはセミフォーマルもしくはインフォーマルとなります。どちらを選ぶかは、招待客層によって変わります。たとえば上司が多く出席するような場合はセミフォーマルのほうがいいでしょうし、友人メインの場合はインフォーマルでいいでしょう。セミフォーマルの場合は、昼であれば露出抑え目なスーツかワンピース、アクセサリーもパール等の抑え目のものにします。夜ならばもう少し華やかなワンピースやカクテルドレスを選びましょう。アクセサリーは華やかさをジュエリーで演出します。インフォーマルの場合は、セミフォーマルの昼と同じタイプのスーツかワンピースに、フォーマル感のあるアクセントがありといいでしょう。

「あなた」へのおすすめパーティドレスとは

ドレスコードによってパーティドレスの種類を決めたら、次は「あなた」自身に似合うドレスを探します。顔立ち・肌の色・体型に似合ったドレスを選ぶことで、華やかさは大きく変わります。たとえば、全体的にほっそりと華奢で手足が長く見えるタイプの人は、胸元にボリュームやアクセントを入れることでふんわり感を出すことができます。顔立ちが曲線的でソフトな印象を持つ人は、暖色系の暖かい質感を持つ素材のドレスが似合います。逆に切れ長の目などのシャープな顔立ちの人は寒色系で直線的・シンプルなデザインがおすすめです。いかにドレスコードに合った、雰囲気にふさわしい服装であっても、着る人に似合わなくては意味がありません。パーティドレスを選ぶ場合は試着や専門家の意見などもフル活用して、あなた自身を一番素敵に演出するドレスを選んでください。